PageSpeedで56→92まで改善した方法!.htaccessでブラウザキャッシュ設定

とりあえずPageSpeedでOK

サイトのパフォーマンス(サイト速度)をチェックするサイトは様々ありますが、グーグルが提供している、PageSpeedは測定も早く、改善アドバイスもしてくれ、さらには、最適化されたファイルのダウンロードまでしてくれるので、だいたいこちらを利用しています。

PageSpeedによって提案された改善方法を行ってもまだサイト速度が遅いと感じた時は、他のサイトパフォーマンス測定サイトを利用していますが、だいたいグーグルさんでOKです。

 

ちなみに、このサイトは現時点で以下の結果でした。

モバイル・PC共に90点ごえ・・・。優秀すぎませんか・・・。これも使用しているテーマのおかげですね・・・。ありがたや。

ページの速度はなぜか表示されません。理由はまた調べてみます。

 

 

 

 

20レベル改善した方法は.htaccessにコピペだけ

PageSpeedのパフォーマンス改善方法のうち「ブラウザのキャッシュを活用する」を実施したところ、56でLOW判定されていたサイトが一気に、92まで上がりました

以下のサイトを参考に、.htaccessにコピペしただけです。

WPなら、WPをインストールした一番最初のディレクトリに.htaccessファイルが置いてあります。そのファイルの一番上にコピペすればOKです。

.htaccessファイルのブラウザキャッシュ設定方法!最適化してページを高速表示させる | Cloud 9 Works
ウェブサイト表示速度をチェックできるGoolgeのPageSpeed Insightsで「ブラウザのキャッシュを活用する」「有効期限が指定されていません」と表示されていませんか? ブラウザキャッシュを設定することで転送量を減らし、ウェブページの表示速度も速くでき、SEO対策として非常に有効です。今回は、.htacces...

コメント