LINE Mini appとは?

開発

2020春にローンチされる予定のLINE Mini appについて調べてみた。

LINE Mini appとは

LINE公式アカウントにアプリ機能を搭載できる。
しかも、機能を少なくすることで、プログラムのスキルなしでも簡単に機能が使える。
機能追加・編集も高度なプログラミングスキルは必要なし。
また、一般的なアプリと違ってアプリストアからダウンロードする必要がない
LINE Mini appは、飲食店・美容院など、比較的小規模な企業に適しています。

メリット

ユーザー

  • ダウンロード不要
  • 友達登録だけで使用開始

企業

  • 開発費が安い
  • 基本LINEアカウント費用のみ

厳選された機能

クーポン

クーポンや抽選の作成・メッセージやタイムラインでの配信が可能。

予約機能

ユーザーによる予約が可能。

通知

予約に対してプッシュ通知が可能。呼び出しや待ち時間などをリマインドできる。

支払い

LINE payを通じて、決済可能。

会員カード

ポイントカードをLINE上で発行・管理できる。

導入事例

ジョルダン

LINE上で乗り換え情報を検索でき、さらにシェアできる。

Developers.IO Cafe

完全キャッシュレスの体験型カフェ。LINEからメニューを選んで注文できる。

まとめ

ユーザーは簡単にアプリを使え、企業は簡単にアプリを持てるのが、LINE Mini app!
PayPayなどでも同じようなものがあるらしい。

参考サイト

【2022年6月】LINEミニアプリとは?導入事例や開発方法・費用について徹底解説します
LINEミニアプリ(ラインミニアプリ)の具体的なメリット・公式アカウントとの違い・最新事例・開発費用など、網羅的に解説します。LINEミニアプリの開発を検討されている方はぜひご覧ください。
LINEミニアプリの先行事例として「Developers.IO CAFE」をリリース〜レジレス店舗利用体験をより多くの人に便利に〜 | クラスメソッド
クラスメソッドは「LINEミニアプリ」の先行事例として「Developers.IO CAFE」ミニアプリを2020年1月16日より提供開始しました。レジレス店舗の利用に向けて、ユーザーの新規アプリダウンロードや支払い登録の手間を減らし、より気軽にレジレス店舗を利用してもらうことを目的としています。
「LINEミニアプリ」で店舗のアプリ運用は変わる?公式アカウントやネイティブアプリとの役割の違いとは? - BackApp LLC.
企業からのお知らせを LINE のプッシュ通知で配信できる「LINE 公式アカウント」は広く普及している中、予約・決済など iOS/Android アプリに近い機能を展開できるという「LINE ミニアプリ」も注目を集めています。OMO やオムニチャネル戦略が求められる小売企業では知っておくべき知識のため、使う際の注意点...

コメント