Homesteadで簡単にLaravel環境構築した

Laravel

参考
https://qiita.com/7968/items/97dd634608f37892b18a

前提

環境

  • MacOS High Sierra

インストール

  • vagrant
  • VirtualBox
  • Xcode

がパソコンにインストールされている。

  • 鍵ファイルを作成している

ララベルの導入

※パソコンのユーザー名をpanshokuとする。

Homestead vagrant box 導入

コマンドで実行。

cd ~/
vagrant box add laravel/homestead

==> box: Successfully added box ‘laravel/homestead’ (v8.2.1) for ‘virtualbox’!

と表示されます。

Homesteadのダウンロード

ホームディレクトリにプロジェクトフォルダを作成する。

今回はrecruit-magnagerというプロジェクト名にする。

mkdir recruit-magnager

panshokuにrecruit-magnagerというフォルダが作成される。

プロジェクトフォルダに移動して、Homestead導入

cd ~/recruit-magnager
git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

Homesteadファイルの設定

arecruit-manager/Homesteadに移動して、
Homestead.yamlを作成する。
Homestead.yamlを編集する。

cd Homestead
bash init.sh
vim Homestead.yaml

下記部分を変更

folders:
    - map: ../recruit-manager
      to: /home/vagrant/recruit-manager

sites:
    - map: homestead.test
      to: /home/vagrant/recruit-manager/public

ファイルの全貌

---
ip: "192.168.10.10"
memory: 2048
cpus: 2
provider: virtualbox

authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
    - ~/.ssh/id_rsa

folders:
    - map: ../recruit-manager
      to: /home/vagrant/recruit-manager

sites:
    - map: homestead.test
      to: /home/vagrant/recruit-manager/public

databases:
    - homestead

features:
    - mariadb: false
    - ohmyzsh: false
    - webdriver: false

# ports:
#     - send: 50000
#       to: 5000
#     - send: 7777
#       to: 777
#       protocol: udp

仮想マシンの起動

Homesteadに移動して

vagrant up

 

hosts設定

 

sudo vim /etc/hosts

ファイルを開いたら、下記を追記する。

192.168.10.10 homestead.test

仮想マシンにログインする

vagrant ssh

ララベル のインストール確認

下記リンクにアクセスして、Laravelと表示されていればOK!
http://homestead.test/

エラーが出たら、エラーログを見てみよう。

コメント